2017年6月1日木曜日

微分とマクローリン展開

以下の微分の式が成り立ちます。
(1次式)
(2次式)
(3次式)
(4次式)
(5次式)
そのため、以下の式1が成り立つ。
この式1をマクローリン展開と呼ぶ。

リンク:
高校数学の目次

0 件のコメント:

コメントを投稿