2016年11月3日木曜日

余弦定理に類似した中線の式と方べきの定理

【問1】 
 上の三角形において、上の式が成り立つことを証明せよ。

この問題の回答は、ここをクリックした先のページにあります。

この式は、以下の図であらわされる。
この式は、
点Aを通る線が円と交わる2つの点の点Aからの長さの積がどの線でも同じになる「方べきの定理」の一例です。

リンク:
高校数学の目次


0 件のコメント:

コメントを投稿