2015年5月6日水曜日

複素数平面のグラフの変換方法




【複素数平面のグラフの変換方法】
  以下の方法は、あらゆる形のグラフの変換に応用できる良い方法と考えます。
 この方法では、変換する元の複素数と変換した後の複素数の座標の対応関係も明確という利点があります。

 任意の円のグラフを変換する場合には、以下の様に計算します。
 任意の円のグラフは、このような形の円のグラフに変換できます。


ここでβ=1の場合は、以下の様に直線に変換されます。

β=-1の場合も、以下の様に直線に変換されます。 

 また、変換する元のグラフが直線の場合は、以下の様に円に変換します。

リンク:
高校数学の目次

0 件のコメント:

コメントを投稿