2015年5月15日金曜日

自分だけの公式を覚える(3)

http://schoolhmath.blogspot.jp/2015/04/blog-post_2.html
http://schoolhmath.blogspot.jp/2015/04/blog-post_3.html

自分だけの公式を作って覚えましょう。

 複素数平面で直線の外の点Pから直線に下ろした垂線の足HまでのベクトルPHをあらわす問題を解いて、その答えを自分だけの公式にして覚えてしまいましょう。

 これは、自分だけの公式ですので、それぞれの計算問題の式の展開を解答用紙に記載する際に、その公式を知らない人に計算過程の正当性が理解されるために、その公式が導き出される式の展開過程を記載して見せるようにしてください。

 数学の勉強において、この自分だけの公式を覚える事は、計算ミスを避けるための計算のショートカットです。数学の勉強における重要性は少ないのですが、センター試験対策として計算ミスを減らす役には立ちます。

【自分だけの公式(3)】
この公式を覚えると、計算が速くなり計算ミスが少なくなります。

 この公式は、点Pから直線までの距離の公式を、直線に垂直な方向を持つベクトルで、その距離の長さを持つベクトルの公式に変換したものです。

(補足)
 数学の計算力をつけるには、この公式を覚えるよりは、この公式を導くための
「最初に式を書き始めるところの、式の形」
を覚える方が良いと思う。
 どのような形に式をまとめて、式を書き始めるか、そこが、数学的には意味が深いと思う。
 正しく数学を学ぶために、この、
「式の書き始め」
こそを覚えてほしいと思う。

(重要なアドバイス)
 数学の公式は、すぐには覚えられないことが多いです。
この改善策は、以下のようにすることで、ただちに公式を覚えたのと同じ状況に入れます。
(1)その公式が存在する事を覚えること。
(2)公式を導くための出だしの式を覚えること。
--これは、すぐ覚えられますよね--
(3)公式が必要になった時に、計算用紙を使って、公式を導く出だしの式から始めて、ただちに計算して公式を導き出すこと。

 おぼえようとする公式は、みな、このパターンを使って、ただちに公式を覚えたのと同じ状況に入ってください。

リンク:
複素数計算の公式を覚える
高校数学の目次

0 件のコメント:

コメントを投稿