2015年3月18日水曜日

(2a)初めて複素数平面を学ぶ学び方

http://schoolhmath.blogspot.jp/2011/11/blog-post_2470.html
http://schoolhmath.blogspot.jp/2015/03/blog-post_23.html

共役複素数

 複素数平面は、高校の検定教科書でも教えて良いことに国の方針が変わり教育禁止令が解除されました。そのため、今後は、複素数平面の知識を隠さないで良くなりました。しかし、この知識は、その説明が分からない人が続出して、先生までも分からなくなる恐れもあるので、しっかり構えて勉強に取り組みましょう。

複素数zに対して、上の図のように共役複素数が定義されています。複素数zの虚数項の正負を逆にしただけのものです。

複素数zとその共役複素数を加え合わせると複素数平面上のあらゆる複素数をあらわすことが出来ます。

複素数平面であらわした複素数はベクトルです。

複素数平面を初めて学ぶ学び方は、
ベクトルを学んだ時に知った数学の技術を、
複素数平面上の複素数を用いても同様に使えるようになるように心がけることです。

以降で、その方向性で複素数平面を学んでいきましょう。

リンク:
高校数学の目次


0 件のコメント:

コメントを投稿